成長促進ホルモン剤(HGP)とは?オーストラリアでHGPは使われていますか?


成長促進ホルモン剤(HGP)とは、ほとんどの動植物内で自然に生成されるホルモンの補助食品です。天然または合成ホルモンを使ったゆっくりと放出される埋め込みタイプのもので、肉牛業界では成長率と給餌効率の改善のために使われています。

このようなホルモンはすべての食肉に元々含まれているものです。HGPを使用しても家畜に影響はなく、HGPを施した食肉は食用としても安全であることが研究によって明らかにされています。

HGPはオーストラリアでは1979年より使用されており、米国を含む世界中の多くの牛肉生産国でも使用されています。

HGPの使用は厳しく規制されており、すべてのHGP製品は、オーストラリア農獣医薬局(APVMA) による厳格な認定プロセスをクリアしなければなりません。

HGPに関する詳細は、こちらからダウンロードして下さい。


ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら