管理委員会とその他の委員会

セーフミートは、オーストラリアの政府と食肉業界のそれぞれの代表者によって構成される委員会です。

セーフミートは、数多くの会員組織、委員会、作業部会から成り立ち、安全で衛生的な製品の供給を確実にします。

会員組織

現在セーフミートを構成している会員組織は以下の通りで、年に二回程度の会合を行っています。

オブザーバーとして、以下の団体も参加しています。

管理委員会

セーフミートのパートナーシップは管理委員会によって支えられています。管理委員会は定期的に会合を持ち、事業計画やプログラムを推進し、必要に応じてその他の目的のための業務を行います。

管理委員会のメンバーは以下の団体です。

オブサーバーとして、以下の団体も参加しています。

小委員会

セーフミート管理委員会は、特定の活動を推進するために小委員会を設置しています。現在活動中の小委員会には以下があります。

  • 全国家畜識別制度(NLIS)(肉牛)諮問グループ
  • 全国家畜識別制度(NLIS)(羊・ヤギ)諮問グループ
  • 全国家畜識別制度(NLIS)モニタリング委員会
  • 全国家畜識別制度(NLIS)基準委員会
  • 全国家畜識別制度(NLIS)機器ベースステータス作業部会
  • 全国出荷者証明書(NVD)作業部会
  • ボビー仔牛残留対策作業部会
  • エンドスルファン技術部会
  • 特定リスク物質運営委員会
  • 飼料作業部会
  • 定期検査作業部会
  • セーフミート広報グループ
  • セーフミート運営委員会
  • セーフミート・プログラムレビュー委員会

事務局

セーフミートの事務局はオーストラリアのキャンベラにある農水産林業省(DAFF) 内に設置されています。事務局の資金は、食肉家畜生産者事業団(MLA) を通して拠出されます。会合への参加費用やプロジェクトの実施費用は、個々の会員組織が負担しています。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら