残留農薬

オーストラリアが供給する食肉市場では、オーストラリア産の製品の残留農薬値が基準内であることが要求されています。オーストラリアはこの厳しい基準を満たし続けており、オーストラリアの農業および食肉安全面での高い評価につながっています。

セーフミートがアドバイスや指導を行っている優先分野の一つに、残留農薬があります。セーフミートは、残留農薬に関する政府の基準や規制を満たす安全で衛生的な食肉製品を生産するための健全な管理システムを開発し実施することを主な目的としています。

休薬期間、輸出向けと畜保留期間、輸出向け給餌保留期間

オーストラリアの赤身肉が食用に適した安全なものであることを確実にするために、オーストラリアの農獣医薬局(APVMA) は休薬期間、輸出向けと畜保留期間、輸出向け給餌保留期間を設け運用しています。

  • 休薬期間

    休薬期間(WHP)とは、薬物配合飼料の給餌を含めた投薬から、と畜・採取・収穫・食用の動物製品の利用まで、最低限経過しなければならない期間のことです。この期間は、登録済みのすべての製品ラベルに印刷されており、農薬と獣医薬の両方に適用されます。
  • 輸出向けと畜保留期間

    輸出向けと畜保留期間(ESI)は、家畜に投薬してから輸出向けにと畜するまでの間に経過しなければならない期間を示します。
  • 輸出向け給餌保留期間

    輸出向けと畜保留期間(ESI)とは、家畜に投薬してから輸出向けにと畜するまでの間に経過しなければならない期間のことです

オーストラリアの生産者は、薬品ラベルに表示されたWHP、ESI、EGIの指示に従って使用し、家畜の残留農薬リスクを最小化し排除するための管理慣行の証明として、適切な使用記録を残しておくことが義務付けられています。このような記録は、農場での食品安全プログラムである家畜生産者保証制度(LAP) に基づいて、計画的または無作為に監査されます。

APVMAは、人間と動物の健康と安全、そして環境の保護を保証する目的で、市販薬品の安全性と効能を独自に評価しています。同局は、最終製品が食用に適したものであることを確実にするため、WHP、ESI、EGIの適切性や残留基準値を判断し、定期的に見直し更新しています。

セーフミートは、各市場の最高残留農薬基準値を超えないよう、休薬期間、輸出向けと畜保留期間、輸出向け給餌保留期間の遵守を積極的に促進しています。基準値を超えたケースが出た場合にも市場の混乱が最低限に抑えられるよう、いかなる潜在的な残留問題も探知し適切な管理戦略を開発・実施することを目指しています。

セーフミートのリスクアセスメント

家畜生産者は、補助飼料や副産物飼料を購入する際、残留農薬に配慮しなければなりません。セーフミートでは、様々な代替飼料のリスクを評価するための資料を提供しています。アーモンドの皮 完全版 要約版

  •  Almond Hulls
    Full version Summary version
  •  リンゴの搾りかす 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  アボカド/マンゴーの皮等 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  間引きされたバナナ 完全版 要約版
    Full version     Summary version
  •  穀物茎葉乾草 完全版 要約版
    Full version       Summary version
  •  穀類 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  柑橘類果肉 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  ぶどうの搾りかす 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  脂肪種子乾草 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  脂肪種子穀類 完全版 要約版
    Full version    Summary version
  •  牧草 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  ピーナッツ茎葉乾草 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  パイナップル茎葉 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  豆類穀物 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  豆類茎葉 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  サトウキビの先端部 完全版 要約版
    Full version Summary version
  •  野菜くず 完全版 要約版 
    Full version   Summary version

家畜生産者には、補助飼料や副産物を購入し給餌する際、細心の注意を払い、飼料のサプライヤーに対して家畜飼料証明書 を要求するよう推奨しています。

全国残留検査(NRS)

全国残留検査(NRS) は、農産品や食肉用の家畜に含まれる残留量を検査するオーストラリア政府のプログラムです。対象となるのは主に農薬と獣医薬ですが、環境や産業汚染物などの検査も実施されています。

この検査は、あらゆる種類の化学物質に対して行われ、現在の技術により極少量でも検知可能です。残留検査の目的は、製品内の残留量を測定することと、残留値が国際基準範囲内であることを確認することです。

基準値を超えた場合には担当当局に連絡し、是正措置がとられ、対象となる製品が供給ルートから取り除かれます。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら