統合された生産システム

オーストラリアは食肉製品の一貫した生産システムを維持することに積極的に取り組んでいます。製品の品質と安全性を保証することを目的とした厳しい基準やシステムが開発され、独立した品質保証監査プログラムの下で実施されています。

食肉の品質と安全保証のためのシステムは、農場から肥育場 ・家畜市場・輸送 そして加工・流通  まで、サプライチェーン全体を通じて構築されています。セーフミートは、各サプライチェーンのすべての関係者が、以下のようなシステムに適合していることを確認します。

  • 家畜生産保証制度(LPA)
  • LPA全国出荷者証明書(NVD)と運送状
  • 飼料出荷者証明書
  • 全国肥育場認定制度(NFAS)
  • トラックケア
  • 全国家畜市場品質保証プログラム
  • オーストラリア規格(AS)
  • AQIS衛生証明書
  • 微生物検査とモニタリング・プログラム
  • 輸送と出荷

家畜生産保証制度(LPA)

家畜生産保証制度(LPA) は、独立監査に基づく農場での食品安全認証制度です。LPAを支えているのが、全国出荷者証明書(NVD)と運送状です。このシステムによりオーストラリアは、食肉・家畜の一貫した安全性および品質保証において、オ世界的リーダーとしての評価受けています。

出荷者証明書(NVD)および運送状は、売買・と畜の対象となる家畜が農場にいた間の履歴や売買を記録して引き継いでいくためのものです。LPAプログラムでは、生産者がNVDに記載した内容を確証することができます。

オーストラリアの食肉と家畜の安全性と品質が、サプライチェーン全体を通して保証するために、LPAは重要なプログラムです。

LPA全国出荷者証明書(NVD)と運送状

LPAの下では、生産者は農場や家畜の飼育方法に関する情報を記載するLPA全国出荷者証明書(NVD)および運送状 を利用することが出来ます。 LPA全国出荷者証明書および運送状には、農場識別番号(PIC)、肉牛の所有者、農薬・獣医薬の使用歴、給餌および補助飼料使用の履歴などの内容が記載されます。

LPA NVDには、家畜の所有者の署名が必要になります。NVDにより、家畜が売買される過程において、家畜に関する重要な情報をサプライチェーン全体を通して引き継いでいくことができます。

生産者は、LPA NVDに記載した内容をLPAによって証明することが出来ます。従って、この二つのプログラムが組み合わさって、オーストラリアの食肉・家畜の安全性と品質が保証されているといえます。

飼料出荷者証明書

飼料出荷者証明書(CVD)) は、オーストラリアの食肉・穀物・飼料産業による安全な製品の生産のために構築されたプログラムの1つです。CVDは、家畜飼料のサプライヤーに対し、生産過程において農薬を使用したかどうかを申告する制度です。CVDにより提供された情報を元に、残留農薬のない産品 のみが家畜の飼料として使われ、その結果家畜にも残留農薬の危険がないことを確実にしています。

全国肥育場認定制度(NFAS)

全国肥育場認定制度(NFAS) は、輸出市場用にグレインフェッドビーフを生産する肥育場を対象とした品質保証制度です。NFASにより、製品の品質が肥育場全体を通して維持されていることを確実にし、安全で品質の高い製品であることを保証します。

NFASの下では、農場から肥育場に移される肉牛の情報を全国家畜識別制度(NLIS) のデータベースに記録することが義務付けられており、これがトレーサビリティ を可能にし、一貫した生産システムに寄与しています。厳しい規制に従って、各家畜の病歴および給餌歴を詳細に記録することが求められます。NFASの下、肥育場は独立機関による監査を受けています。

トラックケア

トラックケア は、輸送中の製品の安全性と品質を維持するための制度です。家畜の輸送を対象とした、独立監査に基づく品質保証制度で、動物福祉、バイオセキュリティ、食肉の品質と安全の最大化がその目的です。

トラックケアは、国際基準に掲げられた品質保証の原則をもとに構築され、HACCPも取り入れています。リスクを最小限に抑えるだけではなく、家畜の輸送が常に適切な方法で行われていることを保証する制度です。

全国家畜市場品質保証プログラム

全国家畜市場品質保証プログラム(NSQA) は、家畜市場での製品の安全性と品質の維持を保証するための制度です。NSQAの土台となるのが、オーストラリア売買市場の建設と運営に関する全国規格です。同規格は、食品安全、品質、家畜識別、トレーサビリティといった家畜市場内での主要管理点や危害に対応したものです。

オーストラリア規格(AS)

サプライチェーン上の重要な段階である食肉加工場でも、製品の安全性と品質はは厳しく管理されています。輸出向け食肉加工のライセンスを保有する工場はすべて、世界最高水準に基づきISO9002:1994に適合した「食肉および食肉製品の衛生的な生産および輸送に関するオーストラリア規格(AS)(AS4696:2002)」 に適合しなければなりません。

このオーストラリア規格は、食肉が衛生的に加工されることを保証するものです。オーストラリア政府の当局であるオーストラリア検疫検査局(AQIS) が、この法律が正しく実践されていることを確証します。

AQIS衛生証明書

AQIS衛生証明書 は、輸出向けに加工された食肉がと畜前後の獣医官による衛生検査を受けたこと、そしてそれが食用に適したものであることを証明する文書です。これによって、加工段階においても製品の安全性と品質が維持されていることが確認できます。

微生物検査とモニタリング・プログラム

オーストラリアの加工場で加工された食肉の安全性と品質が損なわれていないことを確実にするために、輸出向け加工場は。一般大腸菌とサルモネラ菌のオーストラリア規格への適合をモニタリングしなければなりません。更に、全国残留検査(NRS)プログラムは、食肉内に農薬、獣医薬または環境及び産業汚染が残っていないかどうかを検査します。

輸送と出荷

製品の安全性と品質を保証するための最後のプログラムは、すべての海上輸送コンテナをAQISの監視の下で検査し封印する輸出用コンテナ検査です。この封印をもってオーストラリアの食肉・家畜のサプライチェーンが完了し、製品の安全性と品質がすべての段階でが途切れることなく維持されたことが保証されます。封印されたコンテナは最終目的地に到着するまで開封されることはありません。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら