概要

セーフミートは、世界最高水準の管理システムを促進し、オーストラリアにおける安全で衛生的な食肉生産のための戦略を実施しています。

セーフミートの役割の一つに、食肉安全に影響をおよぼしかねない以下のような諸問題に対しての方針やアドバイスを提供することがあげられます。

  • 統合された生産システム

    農場や肥育場・家畜市場・輸送・加工そして流通に至るまで、食肉のサプライチェーン全体を通して、厳格な基準およびシステムが導入され、製品の安全性と品質が維持されています。

    これらのプログラムに対しては独立監査が実施されており、セーフミートは全体的な遵守状況を監視しています。家畜生産保証制度(LPA)、全国家畜市場品質保証プログラム(NSQA)、オーストラリア検疫検査局(AQIS)衛生証明書といった多岐にわたるシステムにより、生産農家から輸出にいたるまでのサプライチェーン全体を通して、食肉製品の安全性と品質を保証しています。詳細は、 をご参照ください。
  • トレーサビリティ

    オーストラリアの食肉業界は、肉牛の出生から輸出用コンテナを封印する最終段階まで、トレーサビリティを保証する様々な措置を実施してきました。

    トレーサビリティシステムの需要は、国内外を問わず、ますます高まっています。オーストラリアは、全国家畜識別制度(NLIS)を基盤に、世界の中でも優れたトレーサびりティシステムを確立しています。詳細は、 をご参照ください。
  • 疾病

    オーストラリアが、家畜の疫病と無縁の国であるという事実は国際的に認められており、伝染性海綿状脳症(TSE)のリスクは「無視できるレベル(最高レベル)」、口蹄疫(FMD)も未発症であることが広く知られています。

    オーストラリアでは、緊急動物疫病(EAD)が発生した際に備えて、徹底した対応策が策定されています。これらの計画により、突然、疾病が発生した場合も、速やかで実効性のある管理が可能です。

    セーフミートは、オーストラリアの食肉・家畜産業に影響をおよぼしかねない動物原性感染症に関する国内外での動きを監視しながら、業界に対するアドバイスを行っています。詳細は、 をご参照ください。
  • 残留農薬

    オーストラリアが供給する食肉市場では、オーストラリア産の製品の残留農薬値が基準内であることが要求されています。オーストラリアはこの厳しい基準を満たし続けており、オーストラリアの農業および食肉の安全面での高い評価につながっています。

    休薬期間(WHP)、輸出向けと畜保留期間(ESI)、輸出向け給餌保留期間(EGI)が定期的に見直され、厳密にモニタリングされています。このような徹底した管理が、オーストラリアの食肉の高い評価の基盤となっています。

    その他にも、全国残留検査(NRS)という政府のプログラムが農産品および食肉用の家畜の残留農薬レベルを無作為にモニタリングしており、製品の残留レベルが国際的な基準の範囲内であることを確認しています。詳細は、 をご参照ください。
  • 病原菌

    オーストラリアの食肉・家畜産業とオーストラリア検疫検査局(AQIS)は、オーストラリアから供給する食肉が安全で高品質であることを保証し、その世界的な評価を維持するために、定期的な病原菌検査とモニタリング・プログラムを実施しています。

    一般大腸菌およびサルモネラ菌モニタリング・プログラムは枝肉表面の微生物を検査するもので、食肉製品が安全で衛生的であることを保証するためのプログラムのです。詳細は、 をご参照ください。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら