農場と肥育場での管理

統合された安全システムにより、オーストラリアは安全な食肉・家畜のサプライヤーとして、世界的に認められています。

オーストラリアの食肉安全システムにより、製品の安全性を保証するだけでなく、一貫した品質と家畜の出生農家にまで遡ることが可能になります。

農場および肥育場で実施されている安全システムには以下のものがあります。

  • 家畜生産保証制度(LPA)
  • LPA全国出荷者証明書(NVD)と運送状
  • 全国家畜識別制度(NLIS)
  • 全国肥育場認定制度(NFAS)

家畜生産保証制度(LPA)

家畜生産保証制度(LPA) プログラムは、家畜を販売する生産者が遵守すべき農場での食品安全の要件を規定したものです。これらの要件を満たすことで、その農家から出荷される家畜が最善の状態であること、またその食肉が食用にふさわしく安全であることが保証されます。

同制度は、全国出荷者証明書(NVD)および運送状によって補強されています。この制度により、オーストラリアは安全な食肉供給国として、世界のリーダーとしての立場を担っています。

同制度の下では、計画監査と無作為監査によって、生産者のLPAへの遵守が確認されており、オーストラリアの食肉安全性の厳格なシステムがさらに強化されます。LPAに適合したいなかった場合には、厳しい罰則が科せられます。

LPA全国出荷者証明書(NVD)と運送状

LPAでは、全国出荷者証明書および運送状 を使って、 家畜の履歴に関する重要な情報を買い手に伝えることで、対象となる牛の安全性を保証します。

LPA全国出荷者証明書および運送状は、家畜の所有者が変わる度に、必ず家畜のオーナーが署名し、サプライチェーンを通して引き継がれていく宣誓書になります。これは、オーストラリアの食肉のトレーサビリティシステムに欠かせない要素です。

全国家畜識別制度(NLIS)

生産者はLPAによってその農場とそこで生産された家畜の安全性を証明し、そこから先は全国家畜識別制度 (NLIS) へ引き継ぎます。NLISは、家畜を出生農場からと畜場へ、更には輸出過程において識別し追跡するためのシステムです。

これにより、家畜の出生場所まで遡ることができ、オーストラリア産食肉の安全性を強化します。このようなトレーサビリティが、オーストラリア食肉業界の安全性の証です。

全国肥育場認定制度(NFAS)

オーストラリアの食肉安全システムは肥育場にも引き継がれます。輸出市場向けにグレインフェッドビーフを生産するオーストラリアの肥育場は、監査により全国肥育場認定制度 (NFAS) に従うことが義務付けられています。

オーストラリア産の食肉が安全で衛生的であることを保証するため、NFASは第三者監査を柱とし、肥育場が世界の中でも最良の運営体系であることを保証する制度です。厳格な食品安全措置への遵守が求められる現在で、同制度は不可欠なものです。

セーフミートはオーストラリアの食肉安全を保証します

セーフミートは、食肉と家畜の安全性と衛生面を確実にするため、健全な管理システムの監督、指導や促進を行っています。

このような食肉安全システムに対するパートナーシップアプローチが、オーストラリアの農場と肥育場の家畜すべてが、食用に適した、安全な製品であることをさらに確証します。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら