概要

オーストラリアは、世界有数の赤身肉の輸出国で現在は、100カ国以上に供給しています。オーストラリアの食肉・家畜産業は、食品安全と品質保証 そしてトレーサビリティを  重視しています。

オーストラリアは口蹄疫(FMD)や狂牛病(BSE)など羊と牛の主な疫病 が発症していない国ということで国際的に認知されています。

オーストラリアは、食肉の安全性に積極的に取り組み、家畜の主な疫病と無縁の国として国際的に認知されています。オーストラリアは、高い品質水準を維持するために、数々の厳格な基準とシステムを開発してきました。

オーストラリア政府と食肉業界は、それぞれの代表者で構成される委員会、セーフミート(SAFEMEAT)を設立しました。セーフミートは、オーストラリア産の食肉・家畜の品質と安全性を確実にするため、徹底した管理システムを積極的に促進しています。

セーフミートは、農場、肥育場、家畜市場、輸送、加工、流通にいたるまで、サプライチェーン 全体を通して導入されている食肉の安全システムの監督および指導を担当しています。

  • 農場と肥育場での管理 :

    オーストラリアの食肉業界は、サプライチェーン全体を通して、数々の品質保証・安全システムを導入しており、それにより、製品の安全性と確実なトレーサビリティが確立しています。このようなシステムは、産官および関連機関が共同開発し、第三者による監査を受けながら運用されています。包括的なシステムにより、家畜の出生場所から消費者のもとに届くまで、オーストラリア産の食肉の安全性と衛生面を保証します。農場および肥育場におけるシステムの詳細は、こちらをご参照ください 。
  • 家畜市場と輸送中の管理 :

    オーストラリアは、家畜の輸送と家畜市場での取り扱いについても特定のプログラムを導入しています。輸送や家畜市場で家畜が過ごす時間は限られているにも関わらず、オーストラリアは厳重な管理をしています。このような包括的な食肉安全システムにより、サプライチェーン全体を通して厳しい品質管理措置がとられていることが証明されています。詳細はこちら
  • 加工と流通中の管理

    食肉加工場でも、品質と安全性を保証する包括的な施策が製品の梱包と流通に至るまで実施されています。製品の安全性と品質を確保するために、厳しい基準が課されています。オーストラリアの検疫検査当局であるAQISは認知度の高い権威ある検疫機関で、安全性を最終的に承認しています。

    サプライチェーン全体を通して実施されているこのような食肉安全システムは、オーストラリア産食肉の安全性と衛生を保証する卓越したシステムです。詳細はこちら

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら