加工場と流通での管理

オーストラリアの品質保証・安全システムは、加工と流通の段階においても、農場・肥育場 、家畜市場や輸送中 と同様に厳格に実施されています。

サプライチェーンの最終段階である加工と流通においても、厳格なシステムおよび基準と管理が実施され、安全で衛生的な製品の供給を確実にしています。これらのシステムには以下のものが含まれます。

  • オーストラリア規格(AS)
  • オーストラリア検疫検査局(AQIS)
  • AQIS衛生証明書
  • 工場内での製品トレーサビリティ
  • 微生物検査とモニタリング・プログラム
  • 流通規約

オーストラリア規格(AS)

輸出向け食肉加工のライセンスを保有する工場はすべて、世界の最高水準に基づきISO9002:1994に適合した「食肉および食肉製品の衛生的な生産および輸送に関するオーストラリア規格(AS)(AS4696:2002)」 に従って操業しています。

オーストラリア連邦政府はこれに更に追加して、オーストラリアのすべての輸出向け食肉加工業者およびと畜場に対し、HACCP(危害分析重要管理点)ベースの品質保証プログラムの実施を義務付けています。

これにより、オーストラリアの加工場の食品安全システムがさらに強化され、オーストラリア産食肉の安全性と品質を保証します。

オーストラリア検疫検査局(AQIS)

オーストラリア産の食肉・家畜の輸出に際しては、オーストラリア検疫検査局 (AQIS) から派遣された獣医検査官が次のような検査を毎日実行しています。

  • 輸出向け操業開始前の衛生検査
  • 生産工程全体を通じて、品質保証および食肉安全の観点から監視
  • 食用に適した安全な製品であることを保証するために、と畜前とと畜後に衛生検査を実施

このような独立した検査によって、オーストラリアの輸出向け食肉加工場が最高水準に維持されています。

AQIS衛生証明書

各種検査の完了後、AQISは公式な衛生証明書を発行します。

AQIS衛生証明書 は、発行先の輸出向け食肉加工業者の食肉がと畜前後の獣医官による衛生検査を受けたこと、そしてそれが食用に適したものであることを証明するものです。同証明書はまた、食肉が健康な家畜から衛生的に加工されたものであることを確証します。

これにより、この時点でも製品の安全性と品質が維持されていることが確実になります。

工場内での製品トレーサビリティ

サプライチェーンのほぼ最終段階においても、出生農場まで遡ることのできるトレーサビリティシステムにより、安全性をさらに強化します。

オーストラリアの輸出向け食肉加工場におけるトレーサビリティ・システムは、法律によって支えられています。この法律の下、加工業者には、各個体のデータを正確に記録し全国家畜識別制度 (NLIS) にアップロードすることが義務付けられています。

このような法律によって義務化されたトレーサビリティの存在は、オーストラリア産の食肉が安全で一貫した品質であることを確実にするのです。

微生物検査と検査プログラム

このような食肉安全システムに加えて、オーストラリアでは問題発生のリスクを抑えるために、加工上でも継続的なプログラムを実施しています。これらには以下のようなものが含まれます。

  • 枝肉表面の一般大腸菌およびサルモネラ菌を監視するモニタリング・プログラム
  • 残留農薬のレベルが基準値以下であることを確認する全国残留検査(NRS

このような徹底した管理により、オーストラリア産の食肉が世界で最も安全であることを更に確実にしています。

流通規約

食肉は加工後も追跡可能な状態で個々のカートンに詰められ、冷蔵コンテナに積まれてAQISの検査の下封印されます。封印されたコンテナは最終目的地に到着するまで開封されることはありません。到着時の製品の品質・安全性を確実にするため、コンテナ内の温度管理は輸送中慎重にモニタリングされます。

このように、オーストラリア国内の食品・品質管理システムは、サプライチェーン全体を通して行われています。これによって、輸出相手国には、安心してオーストラリア産の食肉製品をお選び頂けます。

ご存知ですか?

オーストラリアはFMDおよびTSE(狂牛病またはBSEとスクレイピー)といった家畜の主な疫病のの発症がない地域としてのステータスを維持しています。

オーストラリアの食肉業界は、州と連邦の当局と協力しながら、オーストラリアの食肉安全システムが世界トップレベルを保てるよう努めています。

オーストラリアは、安全でヘルシーでおいしい食肉を供給します。

詳細はこちら